真っ赤な車が目印!チェンマイの乗り物を紹介します

チェンマイは、バンコクのようにBTSや地下鉄は通っていませんが、チェンマイだけの特徴的な交通手段があります。

チェンマイの主な交通手段はこれ!

真っ赤な車が目印!チェンマイ名物のソンテオ


チェンマイ市内を走る真っ赤な車は「ソンテオ(ソンテウ)」
タイ全土には様々なソンテオがありますが、チェンマイのソンテオは真っ赤なのが特徴で、タイ語で「ロッデーン(赤い車)」と呼ばれています。
地元の人たちの大事な足であり、チェンマイでは一番走っている台数が多いです。

8〜12人程度乗れて、基本的に乗り合いですが、交渉すれば貸切もでき、半日や1日チャーターもできます。
値段は交渉制。ニマンヘミン〜旧市街、ナイトマーケット程度でしたら20〜30Bで回れます。
(貸しきる場合は距離や時間によって変わります)

街のあちこちで走っているので、市内ではすぐ捕まえられるはず!
乗る前に運転手に行き先を告げて、きちんと値段を確認するのが、トラブルにならないコツです!
あと、乗り合いなので遠回りすることも。急いでいるときはタクシーやトゥクトゥクの方がいいでしょう。
自分が行きたい場所が他の乗客たちと離れていたら、断られることもあるので、めげずに次のを捕まえましょう!

タイといったらこれ!トゥクトゥク


チェンマイでもトゥクトゥクは走っています。
ソンテオに比べたら多少値段が高いですが、時間帯や交渉によれば大差ない値段で乗れます。
トゥクトゥクも行き先を告げて、値段を確認してから乗るようにしましょう!

青と黄色のメータータクシー

走っている量はそんなに多くありませんが、メータータクシーもあります。
チェンマイ空港を出ると、一律160B(車のサイズによって変わるかも)でホテルの前まで連れていってくれるメータータクシーが待機しています。

ソンテオで市内まで行くと40B程度ですが、空港に常に待っているとは限らないのと、荷物が多いと断られる可能性もあったり、ソンテオだとホテルの入り口まで行ってくれないので、最初はタクシーが無難かもしれません。

まとめ

以上、チェンマイの乗り物を紹介しました。
乗り合いタクシーやトゥクトゥクは日本にはないので絶対楽しめると思います^^ぜひ挑戦してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう