古き良きチェンマイの昔の家を見るなら「ランナー建築センター」へ

チェンマイは今新しいお店がどんどん増えていますが、その中でも古いものと新しいものをうまく組み合わせて、オシャレに見せるアートスティックな街です。
その中の一つに、かつてチェンマイが都として置かれていたランナー王朝時代の建築様式である「ランナー建築様式」の建物があります。

今では古い家もだいぶ少なくなったそうですが、そんな伝統的で趣を感じる古き良き時代の建物を見れる「ランナー建築センター」をご紹介します!

チェンマイの古き良き家を見に行こう!

ニマンヘミン通りの少し先、チェンマイ大学の敷地内にある「ランナー建築センター」。
緑が多くチェンマイのゆったりとした時間が流れる、静かで穏やかな場所です。

入り口でチケットを買って早速入場!

入り口は少し分かりづらいですが、車の交通量が多い大通りに面してますので、お気をつけて!

入り口を入って左に曲がったところで、入場料を払います。(大人20B、子ども10B)
上の写真の白い建物が、チケットを購入する場所です。
優しくて可愛いお姉さんが丁寧に説明してくれました^^

※ドアのそばに虫除けスプレーがあるので、入る前にかけていった方がいいです!蚊が大きいです。笑

中に入るとそこはタイムスリップしたような世界!

さっそく建物が並んでいるところに入ると…まるで森の中でタイムスリップしたような世界!
緑とランナー様式の建物がとても合い、ロマンチックさを感じさせます。
中にはデザイン様々な12軒ほどの古い家が並んでいます。

タイの昔のドラマによく出てくるようなお家ですね〜(憧れ)
木は古く見えますが、柱もしっかりしていて、重厚な佇まいを感じます。
ちなみに屋根は葉っぱを使っていて、「なるほど〜!」と思いました。(何が)

タイの二世帯住宅?階段を上がったところに、広いフリースペースがあって、ここでお隣さんと楽しくおしゃべりでもしたんだろうか….。

こちらは貯蔵庫のような感じ。壁の細かいレリーフが素晴らしいです。その壁から入ってくる日差しも美しい。
ランナー様式は細かい装飾がとても多く、時間がたった今でも上品さを感じさせます。
その上品さと伝統感じる重厚感から、よくタイ国内のラグジュアリー高級ホテルのデザインにも使われています。

家の中は撮影禁止のマークがあったのであまり撮れなかった….
1時間くらいで全部見れて、日本でいうと小平にある建物博物館のような場所でした。
建築や、古いものが好きな人にはオススメです!

 

アクセス


【営業時間】8:30〜16:30(16:20には閉めるそう)
【交通費】ニマンヘミン通りから歩いて10分くらい。ソンテオなら20B程度。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう