チェンマイで素敵なカフェを経営している日本人にインタビュー

インタビュー企画第2弾!khageeオーナーのみきさん

ピン川ちかくの小さなカフェKhageeさんを訪問してきました。

こちらのオーナーさんは日本人の奥様みきさんと旦那様のThamesさん。

オープンして4年目で、若いタイ人から絶大な人気を得ています。

私が伺った13時頃は沢山のお客さんで賑わっており満席状態でした。

奥様のタイ旅行中に旦那様と知り合い、意気投合。

その後長期滞在を希望しましたが、ビザの関係で難しくなり、そのタイミングで結婚を決意。

二人で旅行したオーストラリアのカフェに感動し、カフェを開くという夢を膨らませたそうです。

そのようなきっかけがあり、khageeはオーストラリアのメルボルンをイメージしているそう。

みきさん
それまではカフェをやろうなんて思ってもいませんでした。笑

今回頂いたのはラズベリータルトとラテ。

土日限定で、レモンタルトとガトーショコラが登場♡

みきさんの愛情とこだわりが伝わってくるやさしい味。

甘さもちょうど良く、もちろんコーヒーとの相性はばっちり。

 

1.カフェのコンセプトは?

たいちゃん
お店のコンセプトは何ですか?
みきさん
美味しいコーヒーと音楽、空間を楽しめるカフェです。
建物は築100年以上。店内の家具もセカンドショップで揃えたり、直接オーダーしたりとこだわりのインテリアを揃えました。
たいちゃん
Thamesさんが入れるコーヒーは少し酸味がきいた愛情のこもった味で
みきさんの作るスイーツはどれもクオリティーが高く、味に厳しい日本のお客様も笑顔にさせると言う評判を聞きました!
みきさん
ありがとうございます!オーストラリア仕込みのベリーバナナブレッドとチキンセロリがおすすめです。

2.タイ人の旦那様について♡

たいちゃん
タイ人の旦那様とお付き合いする中で苦労はありますか?
みきさん
初めは私のつたない英語でしかコミュニケーションが取れなかったのだけど、
それでも居心地が良いなと感じていました。
言葉が100パーセント伝わらなくても一緒にいるのが苦ではなかったのだと思います。
その後、私がタイ語を勉強して、今ではタイ語で会話しています。
よく、文化の違いに苦しんだりしませんか?と聞かれますが、私の場合はそう感じた事はありません。
意見の違いでぶつかったりする事はたまにありますが… 笑
たいちゃん
えー♡素敵すぎる♡

3.これからの目標は?

たいちゃん
これからの目標を教えてください!
みきさん
隣の店舗も借りて、お店の敷地を広くしたいと考えています。
日本で料理の勉強をして、グルテンフリーなど健康志向なメニューに力を入れていきたいです!

khageeをもっと知りたい人はコチラ
facebook: khageecafe

・定休日:月曜・火曜 ・営業時間:9:30~17:00

インタビューをしてみて

 

今回響いたのは、「言葉が伝わらなくても居心地が良かった。」というお二人の関係。

そんな事があるのか✨と感動してしまいました…

素敵だ!素敵すぎる!

私の中の常識を打ち破る現実に出会った♡

これは本当にうれしい事。レベルアップした気分♪

みきさんThamesさんありがとうございました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







ABOUTこの記事をかいた人

たいちゃん

旅をしながら気に入った国のガイドブックを作成する、ガイドブックライター。とりあえずいってみよっ。やってみよっ。をモットーにゆるーく生活しています。