チェンマイ女性の長期滞在で気になる化粧品事情

海外生活で気になる事、現地でどんな化粧品が買えるのか?

女性はどうしても化粧品、日焼け止めなど、肌に直接付けるものには敏感になると思います。

そこで、実際に私が使っている物をご紹介します✨

チェンマイでは、スーパーやドラッグストアで日本製品を簡単に買う事ができます。

写真はローカルスーパー『Kad suan kaew 』です。

 

こんな感じで、日の丸マークが付いていて沢山日本製品が置いてあります。

・ビオレの日焼け止め

・メイク落とし

・生理用品

やっぱり高い印象ですね…

でも、私は肌に付けるものは心配なので、日本製品を使っています。

私が使っているのはこちら

日本でも愛用していた、ビフェスタ・うる落ち水クレンジング

詰め替え用のサイズが200バーツくらいでした。

小さなボトルに入れて使っていますが、このボトルも2つで30バーツくらい。

このように入れ替えていれば、旅行に行くときそのまま持っていけるので便利です!

生理用品も買えますし、マジョリカマジョルカなんかもありました❤

ファンデーションの色が暗い!

ちなみに、上の写真の左側の『N°7』というファンデーション。

愛用の物が切れてしまって、ドラッグストアで買いました。

色が、ナチュラルとライトだったので、タイ仕様のナチュラルは暗そうだなぁと思い

ライトを購入。

700バーツくらい。

これが…

めっちゃダーク!!!

もともと日に焼けて少し黒くなっているのに、

ファンでの方がもっと暗い( ゚Д゚)

色選びにはご注意ください…。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







ABOUTこの記事をかいた人

たいちゃん

旅をしながら気に入った国のガイドブックを作成する、ガイドブックライター。とりあえずいってみよっ。やってみよっ。をモットーにゆるーく生活しています。