ノマドワーカーの女性の仕事や持ち物などの疑問を解消!私が感じたノマド生活のメリットとデメリットも公開!

ノマドワーカーの意味

まずは簡単にノマドとは何なのかを説明しておきたいと思います。

ノマドの語源は英語の「nomad」遊牧民という意味です。

遊牧民といえは、定住せず移動しながら牧畜で生活している人々ですが、海外では遊牧民のように移動しながら”デジタル機器”(スマホやPC)を使ってお金を稼ぐ人たちを”デジタルノマド”と呼んでいます。

このように時間や場所にとらわれず働ける人が、「ノマドワーカー」と呼ばれています。

実際に世界中を飛び回り旅をしながら収入を得ている人もいれば、日本に住みながら自宅やカフェなどで仕事している人もいて、ライフスタイルは人それぞれ。

ノマドライフ」や「一万円企業」で有名な本田直之さん、「モノを捨てよ世界へ出よう」や「私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明」の著者高城剛さんなどがノマドワーカーの先駆者としてよく知られているのではないでしょうか。

10年ほど前までは、ほんのひと握りの優秀な人たちしかできない生活と言われていたようですが、インターネットの発達により、オンライン上のやり取りだけで完結できる仕事が増えたことで、最近はこのような働き方が広がりつつあります。

ノマドとフリーランスの違いは?

こんな疑問を持った人も多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると、

  • ノマドはワークスタイル
  • フリーランス(個人事業主)事業形態

だということです。

事業形態は大きく分けて、「個人」「法人」があり、その他にも様々な事業形態がありますが、フリーランスは「個人」に当たります。フリーランスの中には自宅で作業する人や会社に常駐している人もいるので、必ずしも働く場所を自由に選べるとは限りません。

ノマドは事業形態とは関係なく、働く場所を自由に選べるワークスタイルのことです。

ノマドワーカーの職種

さて、住む場所にとらわれず移動しながら働くノマドワーカーですが、一体どんな仕事をしているのでしょうか?

私たちが運営している女性だけのFBグループ GIRLS NOMAD LIFEに参加してくれている女性ノマドワーカーは

  • ライター
  • アフィリエーター
  • ブロガー
  • デザイナー

などの職業が多いようです。

どの職種もPCとネット環境さえあれば完結できるというのが特徴ですね。

ライターやデザイナーの場合は自分とクライアントとの仕事になるので、打ち合わせや納期などの時間制限が発生します。この場合クライアントの住んでいる国の時間に合わせてSkypeミーティングをしたり、期日までに納品したりと時間調整が必要なこともしばしば。それでも仕事を受けるタイミングや量を自分で決めているので、国を移動する時は少し休むなど自由なスケジュール管理が可能です。

アフィリエーターやブロガーなど、クライアントワークではなく自分のコンテンツを売りにしている場合は、納期や打ち合わせなどの時間がないので、より自由に働くことができます。しかし、自分のコンテンツだけで十分な収入を得られるようになるには時間がかかりますので、コツコツ気長に作業することが大切になってきます。

ノマドワーカーになる前からこのような職業に就いていた人や、そもそも学生時代からノマドを意識して職業を決めた人もいるのですが、私のように転職してノマドライフを実現した人も多く、最近は旅する占い師や画家なんて人もいて、職業の幅が広がっているように感じます✨

私が美容師からデザイナーへ転職した時の苦労話し『決して楽ではないノマドワーカーまでの道…』もぜひチェックしてください!

ノマドワーカーの仕事場

職場を持たないノマドワーカーはいったいどこで仕事をしているのでしょうか?

主な仕事場は

  • カフェ
  • コワーキングスペース
  • 宿泊中の部屋

などがメインではないでしょうか。現在ノマドワーカーの私はカフェか部屋での仕事が多いです。

コワーキングスペースとは
時間単位や部屋単位で借りることができ、ネットや仕事に適した机とイスが用意されています。カフェなどとは違い、仕事をする人だけが集まっているので静かで作業しやすい環境です。また基本的にはそれぞれ黙々と作業していますが、同じ働き方の人や面白いビジネスをやっている人と出会うこともでき、交流の場としても使えるのが特徴です。

まず、WiFiがない環境では基本仕事になりません。仕事する場所はネット環境がしっかりしている&机とイスは長時間座っていられるかなどが重要になってきます。

日本でノマドする際は、フリーWiFiを完備しているカフェが少ないので安定したネット環境を探すのがとても大変。スタバにノマドが多いのはこれが理由です。マクドナルドでも仕事は可能ですが、やはりスタバの方が落ち着いて作業できますね。

その点、私が拠点にしているタイではほとんどのカフェにフリーWiFiが完備してありとても快適!おしゃれなデザインのところも多く今日はどのカフェで仕事しようかな♡などの楽しみも増えます。

女性ノマドワーカーのカバンの中身

日々移動しながら仕事をする女性ノマドワーカーはいったいどんなものを持ち歩いているのか!?今回は私たち2人のカバンの中身をご紹介しますっ!!

気になるバッグの中身はこちら↓

マヤマヤ
国を移動する時もこのリュックを使っています!写真の荷物にプラス衣類やメイク道具が加わるだけでどこへでも〜

Apple MacBook Pro

無くてはならない仕事の相方は、Mac Book Pro(500GB、メモリ18GB)。
ノマドするため、持ち運びを考えて13インチを使用しています。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9

カメラは趣味程度ですが、canon初心者でも扱いやすい本格的なデジタル一眼レフカメラを使用中。
旅先で撮る写真のクオリティーがぐんとよくなるので、ミラーレスでもカメラは一台持っておくのをオススメします!

Snobbist ミュージアムカーフ 三つ折り財布

財布はミュージアムカーフの三つ折り財布を愛用中。
とってもコンパクトで、ミニマリストにオススメ!使えば使うほど味の出るイタリア製本格革なのに軽いところがお気に入りです。

東芝 USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TB

写真や仕事用のバックアップとして1TBのHDDも。
クラウドで保存すればさらに持ち物は減りますが、外付けならネットが繋がってなくてもできるし、安心材料ということで。
軽くてコンパクトなので、全て機内持ち込み派の私も重宝しています!

バッグの中身はこちら↓

たいちゃん
荷物が重くなるのがイヤなのでポーチや財布、MacBookケースなどなるべく軽量な素材を選んでいます!リュックは無印良品のものですが今は販売してないみたいです…残念。あと寒がりなのでカシミヤのストールは必須。

Apple MacBook Air

コレがないと始まらない!小さすぎず大きすぎない13インチを使っています。

LoveSun Mac book Air マック ブック エアー 13 13.3 インチ PCケース

軽くて薄い&おしゃれなPCケースを探していてたどり着いたお気に入りです。
ジッパーが付いているものはどうしても重くなるので、この封筒型がベスト!
革っぽい質感も好きです。

トゥーアンドフロー マルチポーチ

日本の技術が生み出した超軽量トラベルブランド!!なんとこのポーチは8g!!!
移動が多いノマドワーカーには嬉しい軽さです。ちょーおすすめ!

 IL BISONTE シンプル レザーパスケース

8年愛用しているイルビゾンテのパスケース。今は名刺入れに。
最初は白っぽい色ですが、使い込むと上の写真のようにいい味が出てきます。

デルフォニックス キトリ ハーフ ジップケース

小さくて軽くて使える可愛い財布。カード3枚と二つ折りのお札、小銭も入ります。
8種類のカラーから好みの色を選べるので楽しい♡

 


デルフォニックス キトリ通帳ケース ダークブルー
お財布と同じブランドで、ビニール素材で軽くて薄いのが魅力的♡
スタイリッシュなデザインと8種類のサイズ展開も嬉しい!

モレスキン ノート カイエ ジャーナル 横罫 QP416 LG クラフト

以前はハードカバーを使っていましたが、とても重いのが辛くなってしまい
今はこちらの薄いノートに変えました!持ち歩くならこのくらいの薄さがちょうど良い。

 

女性がノマドワーカーになるメリットとは?

  • 会社に通勤しなくていい(電車通勤がなくなるだけでも最高!)
  • めんどくさい人間関係の悩みが少なくなる
  • 家やカフェなどネット環境があればどこでも仕事ができる(どの国に滞在するかも自由!)
  • スケジュール管理を自分でできるので一日の作業時間の配分が自由に組める

通勤時間がない!

っていうのは本当に助かります。会社に通っていた頃は出勤時間の約2時間前くらいに起きて1時間以上かけて会社に向かってました…。毎朝満員電車。行きも帰りも座れず立ちっぱなし。通勤時間を有効に使うにも疲れが優って結局居眠りで終わるような生活でした。

今は通勤時間がないので、いままで通勤で使っていた時間を趣味の時間にしたり、疲れているときは睡眠を長くとったりと有効活用できるように!月に一度の憂鬱な時期も自宅での作業なら身体をいたわることができます。

めんどうな人間関係なし!

この悩みが深く、ノマドやフリーランスに転身する方も多いのではないでしょうか。

毎日同じ職場に行くなら同僚や上司とある程度うまく関わっていく必要がありますが、他人の悪口や派閥などめんどくさいことが多いのも事実。いじめの標的にされた日にはたまったものじゃありません!

しかし、自宅やカフェで仕事をするノマドワーカーはほとんどがオンライン上のみのやりとりになりますので、こういったドロドロに巻き込まれる確率は低いのです。また、受ける仕事を自分で選べる立場の場合は、気持ちよくやりとり出来ないクライアントはお断りすることもあるようです。

ネット環境があればどこでも!!

これが最大のメリットかもしれません。ノマドワーカーの多くは旅が好きで世界中を移動しながら生活したいという理由でこの生活スタイルを目指します。そういった人たちにとっては最高の働き方なのです。

さらに、執筆活動が主な職業ならネット環境が常に良好ではなくても出来ちゃいますしね!実際書くお仕事の場合は移動中の飛行機、バスの中などで作業している人も多いです。

そして実は、主婦の方にもとっても優しい働き方なのではないかと思います。

どこでも仕事ができる=家でもOKという事です。私は午前中は家で、午後はカフェなどで仕事するのがお決まりなのですが、家にいるとちょっとした合間に洗濯したり、洗い物を済ませたりと仕事と家事を効率よくこなす事ができるのに気がつきました!

これならお子さんをもつママでもお仕事のハードルが下がるんじゃないかとふと思ったのです。

スケジュール管理は自分次第!

仕事の内容や状況にもよりますが、どの仕事をどのようにこなすか、夏休みを取りたいからこの週はお休みに!など全てを自分で決めることができます。

旅をしたい人や海外に住みたい人はもちろん、上に書いたように主婦やママにとっても大きなメリットになるのではないでしょうか。ただしスケジュール管理は結構大変!うまくしないと逆に忙しくなることもあるので注意が必要です。

女性がノマドワーカーになるデメリットとは?

  • 他人と関わる時間が極端に少なくなる(孤独はつらい…)
  • 自分でしっかりしたスケジュール管理が必要
  • オンとオフの境目がなくなる(健康のためにもきちんとお休みを)
  • 営業も自分でやる

1人仕事になる分、人との関わりが少なくなる

自宅やカフェなど好きな時間に自分のタイミングで仕事するノマドワーカーたちは、1人で仕事が完結するので実際に人と会って一緒に何かをすることが少なくなります。

これがメリットとも言えるのですが、その反面、「今日は一日誰とも話さなかった」とか海外にいると特に「友達がいない」なんて事も現実です。面倒な人間関係とは無縁だけど、孤独を感じてしまう事もあります。

これを解消するには、同じようなライフスタイルの仲間を作る事!が大切になってきます。そんな時ぜひ使って欲しいのが女性だけのFBグループ GIRLS NOMAD LIFEです✨このグループにはノマドワーカーの女性が多数参加してくれているので、女性ノマドワーカー同士のコミュニティーの場にもなっているのです。

「今度〇〇に行くんだけど現地で会える人いませんか?」などの書き込みで、何人かで女子会を開いたなんて事も!私たちがイベントを開く事もあるので、その時そこに行ける人が集まって情報交換や旅の話、仕事の話などわいわい盛り上がる会もどんどん作っていきます!

実はスケジュール管理が一番大変!

ノマドワーカーのデメリットとしてよく聞くのが、スケジュール管理が難しいという事です。”自分で管理できるのが良い”とメリットとしても書きましたが、やはりメリットはデメリットにもなるのです…。

特にクライアントワークの場合は、制作期間と納期のバランスを考えてスケジュールを組めば良いのですが、ついついたくさん受注してしまって、徹夜での作業を余儀なくされたり数ヶ月も休みが取れないなど自分を追い詰めてしまうことも。

個人事業主になると仕事を断るのは勇気がいるものです。しかし自分のできる範囲をしっかり把握して ”断る” ”納期を伸ばす” などの対策をしていかないと、クライアントに迷惑をかけることにもなりかねません!

お互いに気持ちよく仕事する為にもしっかりとしたスケジュール管理が大切です。

オンとオフの境目がなくなる

ネット環境があればどこでも仕事ができちゃうノマドワーカー。”いつでも繋がる”が故にずっと仕事してしまうなんて事もよくあります。誰も仕事の時間を決めてくれません。

やることがあればいつまでもやれるし、連絡がくればいつでも対応できてしまうので、生活リズムを整える為にもオンとオフの境目をしっかり作るのも必要なのではないでしょうか。

私の場合は○時以降は仕事しない、土日はしっかり休むなどの決め事をしています。「今日は休み!」と自分の中で仕事をしない理由を作ることで気が楽になります。またクライアントにも最初からこのような生活リズムを伝えておくことにより、無理な依頼が来にくくなります。

自分を自分で売り込み!

会社に所属しないということは、誰も仕事を持って来てくれません。なので自分のできることを自分でアピールしてクライアントを獲得ことになります。または自分のコンテンツを売る場合も同様で、どのように広く知ってもらうか、フォロワーを増やすかなどマーケティングも全部自分次第実は私が苦手なのはコレです…。

自分を売り込むのが本当に苦手で現在進行形で苦戦中。SNSを駆使してうまく人とコミュニケーションを取れるかどうかがミソ。一番頑張らないといけない部分でもありますが、発信を続けることは結構大変!ノマド仲間を参考にしていますが試行錯誤は終わりません。

何事もやってみないと分からない!

自由でいいなぁと思う反面、その自由がもたらす苦難もそれなりにあります。これは自分自身がどっちのライフスタイルを選ぶかであって、どちらが良いというものではないように感じます。

きっとノマドライフには向き不向きがあって、数年後には会社員になっている人もいるかもしれません。私はノマド生活をやってみてやっぱり向いてないな、やめよう!でもいいと思ってます。何事もやってみないとわかりませんからね!

今回書いたようなノマドライフの現実が誰かの役に立ちますように。

女性ノマドワーカーがどのようにノマドになったのか、どうしてノマドになりたかったのか、リアルなお金の話しなどが知りたい人は「GIRLS NOMAD LIFE〜働く場所にとらわれず自由に生きる〜」をぜひ読んでみてください〜!


ノマド・フリーランスの1日っていう動画集めてみた!

https://www.youtube.com/watch?v=c_OOFK5wuNY
あんちゃ・ライター(札幌と東京のに拠点生活)
ド文系ノマドフリーランスの一日と仕事ぶりに密着。

https://www.youtube.com/watch?v=_s7bLvyIKGc
タビワライフTV・死ぬまで新婚旅行をする夫婦
海外ノマド夫婦の1日【タビワライフ日本編】

https://www.youtube.com/watch?v=bu6s1fUESsw
ぱるちゃんねる・ブロガー
ブロガー1週間密着!

https://www.youtube.com/watch?v=p-zLscO5qxQ
海外ノマドワーカーの一日に密着!〜シンガポール編〜(男性)

https://www.youtube.com/watch?v=L3lmJe7XT2A&t=21s
【密着】フリーランスの一日!ブログで月300万稼ぐ人はどんな生活してるの?

個人的にはシンガポール編の男性が一番近いかもと思いました。

海外だからってだけかもですが、行きたいカフェが混んでてカフェ難民になったり、仕事するときは机とイスのコンディションが大事だったり。最後に「つまらないですね」って言ってましたけど、通常こんな感じですよね!ってなったw

あと、ノマド夫婦の動画もけっこう共感。私も一応カップルノマドなので、生活はこんな感じです。

何かプロジェクトを一緒にしているとかはないので基本やってることは別々で、それぞれのペースで動きますが、夜は一緒にご飯食べてまったりするってのがパターンです。(食後は二人でボンビーガールかイッテQみてますw)

ブログで月300万稼ぐマナブさんを取材したやつおもしろい〜!!

色々なコメントがあったけど、結局は自分が何を目的にどんな生活をしたいかってことが重要なんですよね。それによって生活スタイルは人それぞれ。

みなさんの生活に近いのはどの動画でしたか?また、これからノマドを目指す方はどの生活スタイルが理想に近いですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう