CATEGORY 住んでみる

住んでみる

チェンマイのキッチン付きのアパートに住んでみた!

みなさんこんにちは! たいちゃん(@tabinoshiori_CM)です???? 今回は先日チェンマイのキッチン付きのアパートにお引越ししたので シェアしたいと思います✨ 先日まで住んでいたゲストハウスの値段は? 以前私が3カ月住んでいたゲストハウス『Puwanon Place』は 1カ月5500バーツで3カ月契約なら5000バーツでした。 これってかなり安いですよね?日本円でやく17000円程度。 満足はしていたのですが、最近朝食だけでも作れたらいいなぁと思ったので キッチン付きアパートを1カ月だけ契約してみました✨ チェンマイでのアパート探しの方法はこちら???? キッチン付きアパートHillside3 キッチン付きのアパートとなると、基本的には少し広めタイプのお部屋になるので 1カ月だけの契約で借りれる物件が少なくなかなか見つからなかったのですが、 おしゃれなカフェなどが多いエリアニマンへミンのど真ん中にある『Hillside 3』は1カ月でOK との事でようやくお引越しできました✨ 今回借りたお部屋は10,000バーツで、ガス水道電気代は別。 デポジットは家賃の1カ月分でした。 実はこちらは2年前にチェンマイに住んでいた時に滞在したアパートと同じなんです。 こちらのアパートは各部屋ごとにオーナーがいて、それぞれが管理しています。 なので、内装やインテリア、設備もさまざま。もちろん家賃や契約期間もいろいろ。 2年前借りた部屋は20,000バーツの部屋でかなり豪華でした。 アパート内の共用設備は? 中に入るとフロントがあり、郵便物の保管や飲み水の手配などをしてくれます。 まるでホテルのようなフロントはクリスマスやイベントの時期は飾り付けがされて とても綺麗です。   その左側にはランドリールームと小さいコンビニがあり 向かいにはヨガスタジオまで付いています。 ランドリーは30バーツで自分でする事もできますが 洗濯屋さんも入っているのでこちらで頼む事もできます。 町中にある洗濯屋さんより少し高いですが便利です。 残念ながらプールはありません… ニマンへミンの格安プール付きアパートはこちら チェンマイの10,000バーツのお部屋の中身は?   ・キッチン(食器や調理器具など一通りそろっている) ・冷蔵庫(良い感じのサイズ) ・鏡付きクローゼット ・ローテーブル&ソファー ・ダブルベッド(バスタオルが付いてた✨) ・電気ポット ・電子レンジ ・トースター(これいい✨) ・洗面トイレ、シャワーも清潔 ・もちろんエアコン扇風機も完備 ・ベランダもあるけど、ハトが多すぎて出る気にはなれない。(これだけ残念…) 生活には困らない立地と設備でかなり居心地がいいです✨ wifi設備がない!? そうなんです。1番残念なのはwifiがない事。 だいたいどのこアパートも、フリーwifiか有料で建物内のwifiが使えるシステムなのですが、 ここは個人で契約して設置しなくてはいけません…。 急に不便!!!…

住んでみる

まるで旅館!チェンマイにある銭湯付き日本風コンドミニアムがすごかった。

こんにちは、まやまや(@Mayayan6)です。 チェンマイには数多くコンドミニアムがありますが、今回はその中でも完全に日本人のために作られたと言える、施設が充実しすぎている日本風コンドミニアムへ調査に行ってまいりました! 気になる日本風コンドミニアムの名前は「北花庵(Hokkaan)」 ついに!今回は前々から気になっていた噂のコンドミニアムへ….! チェンマイ中心部にある住宅街に突如現れる、こちらの新築で立派な建物。 実はこの春チェンマイにできた日本風のコンドミニアムなんです。 外から見てわかりますが、モダンな外観に、和の雰囲気を思わせるジャパニーズデザインのロゴ。 木目調の温もりを感じるデザインが、まるで京都を思い起こさせる、日本人にはどこかほっこりするデザインです。 さて、ではさっそく中に入ってみましょう! まるでホテルのような充実した設備 中に入ると、ここはホテル?デパート?とも思える広々とした綺麗な受付。 ロビーにはなぜか週刊少年ジャンプもあります。笑 日本風インテリアと、王様の絵がタイと日本の融合を感じさせます。 フィットネスルームは当たり前 ロビーの右手には、コンドミニアムと銭湯へ行ける扉が。 そこを入ってすぐに、タイのちょっといいコンドミニアムには当たり前についているフィットネスルームが。 もちろんここにもあります。 ランニングマシーンから筋トレまでできちゃいます。 一面ガラス張りなので、筋トレが好きな人は素敵な筋肉も道ゆく人に見せられますよ! ちなみにプールはないそうですが、プールなんかよりもいいものがここにはあるのです!!(あとでのお楽しみ) 1Fには日本酒バーと日本食レストラン さらに、受付の左側には、日本食レストランと日本酒が揃ったバーが。 日本酒好きにはたまらない….!!感動との出会いです。 アパート内レストラン「湯元亭」 メインはお寿司だけど、ラーメンも美味しくてビックリ!鶏白湯ラーメン140B是非一度お試しください^^ ราเมงไก่อร่อยมาก! Hokka Anさん(@hokkaan)がシェアした投稿 – 2017 7月 28 2:51午前 PDT ちなみにお店は、ランチタイム11:30〜14:30、ディナーが17:00〜22:30オープンようです。(行った時はまだ開いてなかった) さらに!なんと銭湯までついています! そしてこれがこのコンドミニアムのスペシャル設備!! ジャパニーズ「銭湯」です。 できたばかりなのでこんなにも綺麗!! 中はとても広々としていて、大きなお風呂が2つ、さらにサウナと水風呂も完備されていました。 洗い場は4つ。ホテルのように清潔です! まだできたばかりなので、人も少ないそう。 こんなに設備が揃っていたら、お風呂に1日中こもって、ひたすらサウナと水風呂を繰り返せます。笑 脱衣所も広々としていて、とっても綺麗に清潔にされてます。 中にはこんな注意書きが… まぁ全部日本人にとったら当たり前のことなので特に違うところはありませんでした。 ちなみに裸で入って大丈夫だそう!(タイ人は裸にならないので一応念を押して聞いてみました。笑) ちなみにお風呂だけの利用も可能です!(1回280Bで利用できるそう!) 気になる部屋の様子と値段は 内見させてもらった部屋の様子 そして、もちろんお部屋の中も見せていただきました。 お部屋は、「松」、「竹」、「薔薇」の3タイプに分かれていて、今回は一番小さな「松」のお部屋を見せていただきました。 広さは約45平米で家具つき。 部屋はスタジオタイプで、キッチンと洗面所、浴槽付きのお風呂が。 家具はベッド、ソファ、机が2つ。家電はテレビと冷蔵庫がついていました。…

住んでみる

滞在スタイルで選ぶ!チェンマイのオススメ宿泊エリア情報

旅行先で悩むのが宿泊エリア。 ホテルの雰囲気で選ぶのもいいですが、実際に行ってみたらアクセスが良くなくて移動にお金も時間も取られてしまったとなると残念なもの。。 チェンマイの中心部はバンコクほど広くないので、車で15分くらいあれば回れる距離なのですが、いくつかエリアに分かれていて、それぞれ特徴があるので、”自分がしたい旅行スタイル”に合わせて滞在場所を選んでみるのはいかがでしょうか? お寺巡りや観光を中心楽しみたい人にオススメエリア 観光を中心に楽しみたいという人にオススメなのが「旧市街エリア」。 チェンマイの中心部で直径2km程度のお堀に囲まれたエリアです。 旧市街内は、寺院、ショップ、ミュージアム、旅行代理店、レストラン・バーなど何でも揃っておりチェンマイの観光の中心部。 宿も高級ホテルから激安のゲストハウスまでたくさんあり、歩いていると簡単に見つけられます。 毎週日曜日には、東門の「ターペー門」からチェンマイで一番格の高いお寺「ワットプラシン」を結んだメインロードで、チェンマイ最大のサンデーマーケットが開かれたり、賑わいを見せるエリアです。 マーケットで買い物をたくさんしたい人にオススメエリア マーケットで買い物をたくさんしたい!という人にオススメなのが、旧市街から東側の「ターペー/ロイクロエリア」。 毎晩開催されているナイトマーケットや、地元の人も通うワロロット市場、雑貨が可愛いモン族マーケットなど、周辺にはたくさんのお買い物スポットがあります。 また、旧市街も歩いてすぐなので、サンデーマーケットやサタデーマーケットへのアクセスも◎。 このエリアも、安宿から有名ホテルまで幅広くあり、川沿いの方は大きなホテルが立ち並んでいます。 カフェでまったりチェンマイを楽しみたい人にオススメエリア チェンマイはカフェ天国なので、どこのエリアにもおしゃれカフェはたくさんあるのですが、特に集中しているのが旧市街西側の「ニマンヘミンエリア」。 カフェ激戦区で、様々なコンセプトのお店があり、次々に新しいお店ができて立ち代わりも激しいです。 中心のニマンヘミン通りから、細道に入ったところにたくさんのカフェがあり、タイ人カップルや女子大生、ノマドワーカーも大勢います。 こちらはおしゃれなゲストハウスが多く、高級ホテルも続々増えています。 暮らすようにチェンマイを楽しみたい人にオススメエリア 長期でチェンマイに滞在したり、暮らすようにチェンマイを楽しみたい人にオススメなのが「ホイケオエリア」。 旧市街地とニマンヘミン通りを結ぶホイケオ通り沿いで、どこに行くにもアクセスのバランスが良く、スーパーやアパート、コンドミニアムも充実していて、ロングステイの人に人気の場所です。 歩いて行ける距離に大きなショッピングモールが二つあり、生活雑貨も手に入りやすいです。 部屋も週単位や月単位で借りられるので、初めて海外長期滞在される方にもオススメのエリアです。 まとめ 以上、滞在スタイル別で選ぶ、チェンマイのオススメ宿泊エリア情報でした。 せっかくの滞在なので、自分が心地よくいられる便利な場所に滞在したいですね^^* ぜひ参考にしてみてください。

住んでみる

チェンマイ女性の長期滞在で気になる化粧品事情

海外生活で気になる事、現地でどんな化粧品が買えるのか? 女性はどうしても化粧品、日焼け止めなど、肌に直接付けるものには敏感になると思います。 そこで、実際に私が使っている物をご紹介します✨ チェンマイでは、スーパーやドラッグストアで日本製品を簡単に買う事ができます。 写真はローカルスーパー『Kad suan kaew 』です。   こんな感じで、日の丸マークが付いていて沢山日本製品が置いてあります。 ・ビオレの日焼け止め ・メイク落とし ・生理用品 やっぱり高い印象ですね… でも、私は肌に付けるものは心配なので、日本製品を使っています。 私が使っているのはこちら 日本でも愛用していた、ビフェスタ・うる落ち水クレンジング✨ 詰め替え用のサイズが200バーツくらいでした。 小さなボトルに入れて使っていますが、このボトルも2つで30バーツくらい。 このように入れ替えていれば、旅行に行くときそのまま持っていけるので便利です! 生理用品も買えますし、マジョリカマジョルカなんかもありました❤ ファンデーションの色が暗い! ちなみに、上の写真の左側の『N°7』というファンデーション。 愛用の物が切れてしまって、ドラッグストアで買いました。 色が、ナチュラルとライトだったので、タイ仕様のナチュラルは暗そうだなぁと思い ライトを購入。 700バーツくらい。 これが… めっちゃダーク!!! もともと日に焼けて少し黒くなっているのに、 ファンでの方がもっと暗い( ゚Д゚) 色選びにはご注意ください…。    

住んでみる

チェンマイで1ヵ月5万円で生活出来るのか?

2017/8/17~2017/9/16までの1カ月間を5万円で生活する事に挑戦しました! ツイッターで毎日使った金額、内容を報告していたのですが、@tabinoshiori_CM 結果から報告してしまうと、失敗… 903バーツオーバーしてしまいました。 今回はその1カ月間の検証をまとめてみました! 固定出費 ・家賃 家賃をどのくらいにするかがとても重要ポイントです。 毎月必ず出る固定出費ですので、よく考えたいところ。 私が借りているゲストハウスは1カ月(3カ月契約)5500バーツ(約17500円) ここに決めたポイント ・水回りがキレイ ・廊下や公共スペースもキレイ ・冷蔵庫が付いている ・ベランダで洗濯物が干せる ・受付のお姉さんの感じが良い ・安い ・電子レンジ、扇風機などお金を出せば借りられる。   実際住んでみて気になるポイント ・部屋の清掃が250バーツなのは良いけど、ベッドシーツの交換が+100バーツ。 高くない?しかも、取り換えたシーツは必ず派手な柄物…個人的に白が好き。 まやまやは200バーツで白いシーツを買ったみたい。そうしよう。 ちなみに、向かいの部屋に住んでいた友達の部屋は白いシーツ。 しかもシングルベッドを2つ並べていたのでめっちゃ広い。 シーツについて聞いてみたら、あれはゲスト用で、長期滞在のシーツは白ではないとのこと。 友達は1カ月、私は3カ月。 友達が日本に帰ったあと、ベットを交換してくれないかなぁ~と聞いてみたら重いからダメだって。だよね。 年齢を重ねると、だんだんずうずうしくなってくる。その日、そんな自分に気づいたのでした。笑 チェンマイのアパート探しについてはコチラ ・通信費 dtacの定額プランで、20GB+電話番号=724バーツ。 月20GBで約2300円ってやっすー!!日本では考えられん… 時々カフェで仕事中にwifiが繋がりにくい時がありテザリングしたりするので20GBあると安心。 しかし先日、長くチェンマイに滞在している方にえ!?高!!って言われました。 どうやら、AISの定額プランがプロモーションをしていて安いとのこと。よし、すぐに変更しよう! またレポートします!! ・水道光熱費 今回の検証ではこれを月末に払うという事を忘れていて、マイナスの結果に。 水道代は200バーツ。電気代は使った分だけ月末にお支払い。 これが900バーツだった!約2800円! 電気代が意外に高い…エアコンは基本好きではないのですが、 どうしても暑苦しい時間帯もあるので、1日2~3時間使用していました。 そして、最近扇風機が月100バーツで借りれると知り早速採用!! 数日使っていますが、十分!!!!なぜ今まで気づかなかったーーー! 食費 ・お昼と夕飯 4329バーツ 約13700円 ローカルなレストランで食事すれば、35バーツ~50バーツ程で食事出来ます。 ラーメンやファーストフードなどその他のレストランの場合は60~150バーツくらいです。 ほとんど上記のお店で済ませていました。 もちろんオシャレなイタリアンやお寿司屋さんもありますが、それなりに値段は上がっていきます。 それ以外の食費 ・お菓子など 食事以外で買ったお菓子やジュースなどをこのカテゴリーに入れています。…

住んでみる

人気のニマンへミンエリアでも17,000円台でアパートが借りられる!

5500バーツ(約17,500円)のアパートはココ! 『BANNTHAI』 こちらのアパートはニマンロードの中心に位置しているので、お仕事の出来るカフェも多く、 どこにでも徒歩で移動する事ができます。 ジムやローカルなレストラン、スーパーがあるので日常生活に不便はありません。 先日ご紹介した、ノマドさんたちがリアルに通うカフェ『fresh』も近い! なので、ノマドスターターの方が多く住んでいるのもうなずけます。 詳しいアパートの探し方はこちら! アパートの契約内容の詳細。 他に5700や6200バーツのお部屋もありました。 フロアーによって価格が違うようですね。 デポジットやクリーニング、最低1カ月の契約など、詳しくかいてありましたよ。 参考にしてみてくださいね! 今回は一番安いお部屋見学。 ベッド、机、テレビ、冷蔵庫、クローゼット完備。 ベットシーツなどは自分で買いそろえる必要がありますが、すぐに生活を始められそうです! お願いしたら、シーツなど貸してくれるみたいですが、買っても200バーツ程なので、 その方が良さそうですね。 気になる水回り。 これもなかなかキレイ! 私は水回りが汚いのはどうしても受け入れられない性格でして。 ピッカピカでなくても良いけど、ある程度清潔でないとダメなんです… このくらいであれは合格。 ちなみにわりと広めのベランダがあり、 写真が撮れませんでしたがプールもあり、全体的にとても良い気がします♡ ニマンエリアは家賃相場が高めなので、ここはお得✨ 1カ月以上の滞在なら見に行ってみては?? アクセス

住んでみる

チェンマイでのアパート探しの方法を詳しく解説!

チェンマイでアパート探し ここ最近長期滞在&ノマドライフのためにチェンマイを選ぶ人が増えています。 暖かい気候、物価の安さ、治安の良さなどが理由にあげられます。 でも、実際にチェンマイでどうやってアパートを探したら良いのか、どんな物件があるのか、相場はどのくらいなの?と不安に思っている方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな不安を吹き飛ばす、アパート探し情報をお届けしたいと思います。 チェンマイはチョー簡単に賃貸アパートを借りることが出来る! 飛び込みでお部屋を見せてもらい、気に入れば契約! これで完了です。ホントに簡単! 実際に私たちもチェンマイでお部屋を借りて生活しています。 方法は2種類。 ・サービスアパートという、既に家具家電がほとんどそろっている部屋を借りる方法。 ・ゲストハウスやホテルを長期で借りる方法。 では、実際の手順を見て行きましょう。 ★アパート探しその1 エリアを決める! チェンマイ市内の居住エリアは大きく分けて3か所。 1. 観光に便利な旧市街エリア  比較的家賃が安めで、レンガで造られたお堀の雰囲気を堪能できる。 2. 長期滞在者に人気のホイケオエリア  こちらも家賃が安く、ローカルスーパーも近いため生活しやすい。 3. おしゃれカフェが密集するニマンへミンエリア  家賃が高めですが、おしゃれでハイクラスな物件が多い。 ★アパート探しその2 予算を決める! 相場はエリアやお部屋によってピンキリ。 1. 安い部屋→3500バーツ~7000バーツ。約11000~22000円ほど。 私のお部屋がこのランクです。 日本のワンルーム程の広さで、部屋によって、冷蔵庫がなかったり、 ベットシーツなど自分で用意しなければいけない場合もあります。 6000バーツを超えるとプールが付いてる所もあるのが、さすがチェンマイ! 2. 少し広い&キレイなお部屋だと、8000バーツ~15000バーツ。 約22000~47000円ほど。 まやまやのお部屋プール付きコンドミニアムがこのクラス。ジムやサウナも付いてる&指紋認証、キーレス。 3. ハイクラスのお部屋16000バーツ~ 約50000円以上。 かなり部屋が広くなったり、ニマンへミンエリアでも2ベッドルームなど 豪華になってきます。 ★アパート探しその3 歩き回る! エリアと予算が決まったらとにかく歩く。 表に『For Rent』と書いてる、書いてなくても、アパートっぽければフロントに聞いてみる。 これのくり返しです。 ★アパート探しその4 賃貸条件をしっかり確認する! 例えば、 ・デポジットはいくらか。 (これは敷金のようなもので、初めにデポジットとして1カ月分+家賃1カ月などが必要になります。 ニマンへミンなどのお高めの物件になると、デポジット2カ月などもあります。 退去時に返金が普通ですが、クリーニング代として引かれることも。) ・インターネット代込みか、別か。  別の場合300b~500bほど。 アパートを借りる時に必要な初期費用はこれ! ・デポジット(家賃1カ月分~2カ月分) ・キーデポジット(鍵代 500バーツくらい) ・初月家賃 ・wifi代(300~500バーツくらい) ・水道光熱費(基本料を払って、月末に使用した分だけお支払い) まとめ みなさんどうでしたか?…