TAG アーティスト

オススメ情報

アーティストが集まるチェンマイのフォトジェニックスポット「Baan Kang Wat(バーンカンワット)」

チェンマイの人気オシャレスポットといえば、「Baan Kang Wat(バーン・カン・ワット)」。 自然豊かで小さな村のような作りは、地元の人の憩いの場にもなっています。 チェンマイは発展しながらもたくさんの自然が溢れている街ですが、そんなチェンマイの魅力を凝縮したような場所です。 “アーティストの村”「バーン・カン・ワット」 「Baan Kang Wat(バーン・カン・ワット)」は、チェンマイのアーティストが集まるアーティストヴィレジ。 中に入ると大きな広場があり、それを囲むように古い木造の家が10軒ほど並んでいて、一つ一つがお店になっています。 中心の広場では、イベントが開かれたり、毎週日曜日の8:00〜11:00にモーニングマーケットも開催されています。 バーン・カン・ワットのコンセプトは、「アーティストの村」。 手仕事で作られるアートの数々や、シンプルでゆったりとした空気を一緒に味わって欲しい。 そんなコンセプト通り、チェンマイのアーティストたちによる、環境に優しく、手仕事(手作り)で温かみのあるお店が出店されています。 オシャレなカフェから、クリエイティブなアイテムまで様々 お店はカフェやギャラリー、アパレルショップなど様々。 一つ一つのお店が個性的で可愛らしく、どこを切り取っても楽しいフォトジェニックなスポットです。 チェンマイのアーティストによる、コットンの洋服や藍染のアイテム、陶芸品など。 日本でも使いやすそうなアイテムがたくさん。 私が特に好きだったのは、こちらのお店に置いてある「Mainiji」のアイテム。 可愛すぎて写真を撮るのを忘れたので、ぜひInstagramかFacebookで見てみてください。笑 Instagram:@mainiji.everyday Facebook:Mainiji Facebookページ ちなみに、Mainijiは日本語の「毎日」という意味のようです^^確かに毎日使いたくなる〜! こちらは森の中にありそうな小さなカフェ。一つ一つドリップして丁寧にいれてくれます。 コーヒー豆の香りがとてもよかった!!小さなカフェも全部寄りたかったけど、お腹がタプタプだったので断念。。。 素敵なギャラリー。王様の絵もたくさんありました。 チェンマイは本当にアーティストがのびのび活躍できるいい場所だなぁと思います。 その他にも、植物もたくさん売ってたり、本当に自然溢れる場所です。 そんなに広くない場所ですが、お店をゆっくり見たり、お茶をしたり写真をとったりで結構時間が経っていました。 「バーン・カン・ワット」は、チェンマイのオススメ癒しスポットです! ぜひゆっくり時間をとって楽しんでください* アクセス情報 店舗 Baan Kang Wat(バーン・カン・ワット) 住所 1 123/1 หมู่ 5 Tambon Su Thep, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200…

インタビュー

【インタビュー】チェンマイで出会ったフリーペン画家の榊原佳恵さん

インタビュー企画第1弾!フリーペン画家の榊原佳恵さん 榊原佳恵さんはゼンタングルという技法を使って動物をモチーフにした絵を描いているアーティストです。 その動物たちは、榊原さんによって命を吹き込まれ、それぞれの性格が垣間見れるような表情が特徴的♡ 榊原さんの絵を見て、絵にも命があるのだと、初めて気づかされました。 1.絵を描き始めたきっかけは? 2.なぜ今の仕事をやめて、絵を仕事にしょうと思ったのですか? 3.今回チェンマイを選んだ理由は? 4.実際に1カ月滞在してみた感想は? 5.これからの目標は? 榊原さんの作品をもっと観たい人はコチラ Instagram: yoshiesakakibara インタビューをしてみて 「英語の勉強をしたい」と言うのが目的だったけれど、来てみたら、今まで感じた事が無いような感情や考えが生まれ、本当の意味で、自分を知る時間になったのだと思います。 自分は本当は何が好きなのか、何が嫌いなのか、何をしている時が幸せなのか、何がしたいのか… 大切なのはやってみる事。 こんなこと難しいよね、出来ないよ、っていう事が意外にできちゃったり、 考え方によって可能になったりとか。 実際私もチェンマイで同じような体験をしました。 環境を変えると新しいインスピレーションが降ってきたりするのかもしれません。