TAG ガイドブック

世界のまちを歩く

古都チェンマイを1日で楽しむ!旧市街観光おすすめコースをご紹介。

チェンマイ観光の定番と言えば、古き良き情緒が漂う旧市街です。 ターペー門は有名な写真スポットになっていて、いつもたくさんの人で賑わっています。 観光で外せないのがお寺や、チェンマイらしいかわいいカフェですよね? 今回は、そんなチェンマイの旧市街のお散歩コースを紹介していきます。 チェンマイの旧市街観光でアクセスに便利なゲストハウスに泊まる! 週末2日間まやまやと一緒に泊まったのが、Gongkaew Huenkumというゲストハウスです。 自然豊かな広い敷地の中にあるゲストハウスで心も身体も癒されてしまいました。 こちらのゲストハウスから観光に出かけてきました????✨ Wat Lok Molee ワット ローク・モーリー こちらはゲストハウスから10分ほどのお寺です。 入口には可愛い2体の像があるのですぐに見つけられると思います。 外観が古くくすんでいい雰囲気を出しているお堂が目に入ります。 タイではキラキラしているお寺をイメージする人も多いと思いますが、 このように、時間の流れを感じられるホッとするお寺もとても魅力的ですよね。 タイの北部料理を食べる!「Khao Soi Khun Yai カオソーイクンヤーイ」 その後は、大きい道路を挟んで向かいにあるカオソーイのお店で腹ごしらえはどうでしょう? カオソーイはチェンマイの名物でカレースープ麺の中にさらに揚げた麺が乗っていて パリパリつるつる食べられる美味しい料理です✨ 安くて美味しい!フレッシュスムージーに挑戦! チェンマイを歩いているとその場で作ってくれるスムージーの屋台がたくさんあります。 マンゴーやスイカ、アボカドなどお好きなものを選んでオーダーしましょう。 25~30バーツ(約90円)程度で美味しいスムージーが飲めるのでおすすめです。 基本的にシロップたっぷりで甘めなので、苦手な人はノーシュガーと言えばOKです。 ちなみに、私はスイカスムージー派✨ チェンマイで最も大きな仏塔「Wat Chedi Luang ワット・チェディルアン」 スムージを飲みながら向かう先は私の大好きなWat Chedi Luang(ワット・チェディルアン)! 地震の影響で崩れてしまった部分が修理し終わらないまま残っています。 これが本当に大きくて迫力満点でいつも感動してしまいます。 仏塔から飛び出た象のモチーフが印象的! 2年ほど前までは入場無料だったのに、いつの間にか40バーツになってた… すぐ隣にあるワット パン・ターオもおすすめです????✨ オススメレストランはオーガニックなメニューが中心の「Amrita Garden(アムリタ・ガーデン)」 せっかくチェンマイに来たんですからもう一つ素敵なカフェに行きましょう。 Amrita Gardenは日本人のオーナーさんが経営するカフェです。 オーガニックが中心のメニューで、マクロビランチセットなどもあります。 メニューも魅力的なのですが、なんと言っても私のお気に入りは空間です。 エアコンではなく、ファンと自然風のみでなんとも穏やかな空間づくりがされているのです。 ここに来ると本を読んだりほーっとしたりで、毎回2時間くらいは滞在してしまいます…???? もっとチェンマイ観光を楽しもう! みなさんチェンマイの旧市街観光はいかがでしたか?…

お知らせ

女子旅のしおり♡最新作はホーチミン✨

✨ 女子旅シリーズ最新作本日発売 ✨ 最近はこの本の作成に忙しくしていたのですが、完成が近づくにつれてドキドキわくわく しておりました✨ そしてついに!心のこもったおしゃれなガイドブックが出来上がりました!   『2泊3日のフォトジェニック旅 Ho Chi Minh』   2017/10/8(月)まで99円!! Kindle Unlimitedなら読み放題! 今がチャンスです この本は私がホーチミンを案内するならこのコース!! という提案を「しおり」にした物です(*´▽`*) テーマは『フォトジェニック』 旅に出る前にインスタグラムで現地の様子を検索する事ありませんか? 今回は実際にインスタグラムでフォトジェニックな写真をアップしている方の 写真を掲載していて、より現地に近いガイドブックになっています。 ホーチミンには写真スポットにばっちりのオシャレカフェがたくさん♡ 今回はそんなスポットを集めました!   お休みが少なく、旅行は2泊3日が限界!という方も多いのでは? そんな弾丸旅行では、いかに効率よく観光するかがカギ! 旅のしおりでは、1日のスケジュールを丸ごと提案しています! 有名な観光スポットはもちろん、食事の場所、回る順番まで! もう色々悩む必要はありません! これを持ってさっそくホーチミンへGO!!   『2泊3日のフォトジェニック旅 Ho Chi Minh』