TAG 食事

オススメ情報

チェンマイ大学敷地内のべジタリアンカフェ、「Ramon Cafe(ラモン)」で無添加の自然派料理を食べよう

チェンマイにはオーガニックレストランや自然派料理が食べられるお店が多数ありますが、その中の一つが「Ramon Cafe(ラモン)」。 ニマンヘミン通りの先にある、チェンマイ大学のアートセンター敷地内にあり、一般の方でも入れます。 元は日本人の方が経営されていた「Din Dee(ディンディー)」というカフェでしたが、閉店にともない昨年からタイ人のスタッフが引き継いで経営されているそうです。 土の壁が可愛い!まるで絵本に出てくるお家のようなカフェ 少し分かりづらいですが、場所はニマンヘミンの通りをさらにまっすぐ進んだところにある、「チェンマイ大学アートセンター」内にあります。 門から見える場所にあるので奥に進まないように注意。 お店の見た目は、ジブリの映画に出てきそうな、土でできた柔らかいフォルムで可愛らしい作り! コンクリートの建物が増える中で、「エコロジーな家を作ろう」と2002年にチェンマイ大学内に作られた土の家を、カフェとして再利用したのがお店のはじまりだそう。 お店の中はこんな感じ。入った瞬間に手作りの温かい空気を感じます。 土づくりの壁が、温もりを感じますね〜。いろんな形の窓も可愛い! テーブル席と、奥には座席も。観光客で混んでいることも多いのでお昼時などは注意です。 オススメは、化学調味料を一切使わない無添加素材で作られたメニュー 「Ramon Cafe(ラモン)」のメニューは、以前の「Din Dee(ディンディー)」の精神を引き継ぎ、化学調味料を使わない無添加の素材にこだわって作られています。 スープもセットになったRamon Cafeオリジナルひよこ豆のカレーを頼んでみました。(120B) スパイスの風味を感じますが、無添加の優しい味を感じ、辛くなくて食べやすかったです。 タイでは自ら進んで野菜を摂取しないと野菜不足になるので、健康的な食事が体に染み渡りました。笑 料理のほかに、デザートやドリンクも充実! ハンドメイドの添加物を使わないデザートは、甘さ控えめで男性にもオススメです。 Facebook – Ramon Cafe 店内では、様々な雑貨やプロダクトを販売中 店内では、様々なオーガニック製品やチェンマイのアーティストの作品が販売されています。 茶葉やお菓子など、気軽に買えてお土産にもぴったり! ぜひ、お店もお料理も無添加で優しい「Ramon Cafe(ラモン)」で健康料理を食べて、心も体も癒されてみませんか?? お店情報 ※地図の名前が「Din dee(ディンディー)」になっていますが、「Ramon Cafe(ラモン)」の以前の名前で、場所は同じです。 店舗 Ramon Cafe(ラモン) 住所 At the ChiangMai Univ.Art Center,Nimmanheimin Rd., T.Suthep,A.Muang, ChiangMai, 50200 Thailand 営業時間 10:00〜18:00(月曜休日) URL https://www.facebook.com/RamoncafeChiangmaiThailand/

世界のまちを歩く

古都チェンマイを1日で楽しむ!旧市街観光おすすめコースをご紹介。

チェンマイ観光の定番と言えば、古き良き情緒が漂う旧市街です。 ターペー門は有名な写真スポットになっていて、いつもたくさんの人で賑わっています。 観光で外せないのがお寺や、チェンマイらしいかわいいカフェですよね? 今回は、そんなチェンマイの旧市街のお散歩コースを紹介していきます。 チェンマイの旧市街観光でアクセスに便利なゲストハウスに泊まる! 週末2日間まやまやと一緒に泊まったのが、Gongkaew Huenkumというゲストハウスです。 自然豊かな広い敷地の中にあるゲストハウスで心も身体も癒されてしまいました。 こちらのゲストハウスから観光に出かけてきました????✨ Wat Lok Molee ワット ローク・モーリー こちらはゲストハウスから10分ほどのお寺です。 入口には可愛い2体の像があるのですぐに見つけられると思います。 外観が古くくすんでいい雰囲気を出しているお堂が目に入ります。 タイではキラキラしているお寺をイメージする人も多いと思いますが、 このように、時間の流れを感じられるホッとするお寺もとても魅力的ですよね。 タイの北部料理を食べる!「Khao Soi Khun Yai カオソーイクンヤーイ」 その後は、大きい道路を挟んで向かいにあるカオソーイのお店で腹ごしらえはどうでしょう? カオソーイはチェンマイの名物でカレースープ麺の中にさらに揚げた麺が乗っていて パリパリつるつる食べられる美味しい料理です✨ 安くて美味しい!フレッシュスムージーに挑戦! チェンマイを歩いているとその場で作ってくれるスムージーの屋台がたくさんあります。 マンゴーやスイカ、アボカドなどお好きなものを選んでオーダーしましょう。 25~30バーツ(約90円)程度で美味しいスムージーが飲めるのでおすすめです。 基本的にシロップたっぷりで甘めなので、苦手な人はノーシュガーと言えばOKです。 ちなみに、私はスイカスムージー派✨ チェンマイで最も大きな仏塔「Wat Chedi Luang ワット・チェディルアン」 スムージを飲みながら向かう先は私の大好きなWat Chedi Luang(ワット・チェディルアン)! 地震の影響で崩れてしまった部分が修理し終わらないまま残っています。 これが本当に大きくて迫力満点でいつも感動してしまいます。 仏塔から飛び出た象のモチーフが印象的! 2年ほど前までは入場無料だったのに、いつの間にか40バーツになってた… すぐ隣にあるワット パン・ターオもおすすめです????✨ オススメレストランはオーガニックなメニューが中心の「Amrita Garden(アムリタ・ガーデン)」 せっかくチェンマイに来たんですからもう一つ素敵なカフェに行きましょう。 Amrita Gardenは日本人のオーナーさんが経営するカフェです。 オーガニックが中心のメニューで、マクロビランチセットなどもあります。 メニューも魅力的なのですが、なんと言っても私のお気に入りは空間です。 エアコンではなく、ファンと自然風のみでなんとも穏やかな空間づくりがされているのです。 ここに来ると本を読んだりほーっとしたりで、毎回2時間くらいは滞在してしまいます…???? もっとチェンマイ観光を楽しもう! みなさんチェンマイの旧市街観光はいかがでしたか?…

住んでみる

チェンマイで1ヵ月5万円で生活出来るのか?

2017/8/17~2017/9/16までの1カ月間を5万円で生活する事に挑戦しました! ツイッターで毎日使った金額、内容を報告していたのですが、@tabinoshiori_CM 結果から報告してしまうと、失敗… 903バーツオーバーしてしまいました。 今回はその1カ月間の検証をまとめてみました! 固定出費 ・家賃 家賃をどのくらいにするかがとても重要ポイントです。 毎月必ず出る固定出費ですので、よく考えたいところ。 私が借りているゲストハウスは1カ月(3カ月契約)5500バーツ(約17500円) ここに決めたポイント ・水回りがキレイ ・廊下や公共スペースもキレイ ・冷蔵庫が付いている ・ベランダで洗濯物が干せる ・受付のお姉さんの感じが良い ・安い ・電子レンジ、扇風機などお金を出せば借りられる。   実際住んでみて気になるポイント ・部屋の清掃が250バーツなのは良いけど、ベッドシーツの交換が+100バーツ。 高くない?しかも、取り換えたシーツは必ず派手な柄物…個人的に白が好き。 まやまやは200バーツで白いシーツを買ったみたい。そうしよう。 ちなみに、向かいの部屋に住んでいた友達の部屋は白いシーツ。 しかもシングルベッドを2つ並べていたのでめっちゃ広い。 シーツについて聞いてみたら、あれはゲスト用で、長期滞在のシーツは白ではないとのこと。 友達は1カ月、私は3カ月。 友達が日本に帰ったあと、ベットを交換してくれないかなぁ~と聞いてみたら重いからダメだって。だよね。 年齢を重ねると、だんだんずうずうしくなってくる。その日、そんな自分に気づいたのでした。笑 チェンマイのアパート探しについてはコチラ ・通信費 dtacの定額プランで、20GB+電話番号=724バーツ。 月20GBで約2300円ってやっすー!!日本では考えられん… 時々カフェで仕事中にwifiが繋がりにくい時がありテザリングしたりするので20GBあると安心。 しかし先日、長くチェンマイに滞在している方にえ!?高!!って言われました。 どうやら、AISの定額プランがプロモーションをしていて安いとのこと。よし、すぐに変更しよう! またレポートします!! ・水道光熱費 今回の検証ではこれを月末に払うという事を忘れていて、マイナスの結果に。 水道代は200バーツ。電気代は使った分だけ月末にお支払い。 これが900バーツだった!約2800円! 電気代が意外に高い…エアコンは基本好きではないのですが、 どうしても暑苦しい時間帯もあるので、1日2~3時間使用していました。 そして、最近扇風機が月100バーツで借りれると知り早速採用!! 数日使っていますが、十分!!!!なぜ今まで気づかなかったーーー! 食費 ・お昼と夕飯 4329バーツ 約13700円 ローカルなレストランで食事すれば、35バーツ~50バーツ程で食事出来ます。 ラーメンやファーストフードなどその他のレストランの場合は60~150バーツくらいです。 ほとんど上記のお店で済ませていました。 もちろんオシャレなイタリアンやお寿司屋さんもありますが、それなりに値段は上がっていきます。 それ以外の食費 ・お菓子など 食事以外で買ったお菓子やジュースなどをこのカテゴリーに入れています。…

オススメ情報

チェンマイ名物のカオソーイ!辛さ控えめなら「カオソーイニマン」がオススメ

カオソーイとは? チェンマイに来たら、ぜひ食べてもらいたいオススメ料理「カオソーイ」。 タイ北部の名物料理、ココナッツミルク入りのややマイルドなカレースープとピリッとした唐辛子、麺の上にさらに揚げた乾燥麺が乗ってるのが特徴です。 チェンマイにはたくさんカオソーイを出しているお店がありますが、辛さはお店によってそれぞれ。 私は辛いのが苦手なんですが、今回はそんな人でも食べられる、チェンマイの辛さ控えめで美味しいカオソーイ屋さんを紹介します! 辛いのが苦手な人にオススメのお店 ニマンヘミン通り近くの「カオソーイニマン」が食べやすい! ニマンヘミン通りのソイ7にある「カオソーイニマン」。 ココナッツが入っていても、容赦ない辛さのお店も多いんですが、ここのカオソーイは、マイルドで辛いのが苦手な人も食べやすい! 私は、何ども通ってリピーター化しております。笑 大きなお肉が嬉しい!! 少し汗が出るくらいで、しっかり味わる程度の辛さ。 付け合わせのレモンや、漬物のようなさっぱりした野菜もついてくるので、一緒に食べると辛さが抑えられます。 メニューも豊富!そして店員さんが働き者 ここのお店、ゆるいタイでは珍しいくらい店員さんが真面目。笑 入り口で必ず誰かが立っていて、いらっしゃいませ〜と空いている席に案内してくれます。 カオソーイ自体の種類も豊富で、カオソーイ以外のメニューも結構あります。 値段は69Bから。私のオススメは、やっぱり鶏肉のカオソーイ! 大きなお肉が乗ってて贅沢な気分になります^^ お客さんは、カップルや外国人が多かったです。(タイ人には物足りない辛さなのかも) お店自体とても綺麗で、ガーデンテラス風のおしゃれな雰囲気なので、日本から来た友人を案内する場所にもオススメです! 場所もアクセスしやすいニマンヘミンにあるので、お買い物やノマドの途中にも寄れます。 ぜひ行ってみてください〜^^! アクセス情報